10月のラボ

ハーブに含まれる薬効成分は、水溶性と脂溶性のものがあります。

水溶性の成分を効率よく摂り入れることができるのがハーブティーです。

ハーブティーの色、香りには、それぞれ意味があります。

ご自身の身体の状態をよく観察して、健やかな毎日をサポートする一杯のハーブティーを見つけましょう。

秋から始めるハーブティーは、冬季の免疫アップ、春先のアレルギー対策に大いに役立ちます。

また、脂溶性成分を活かす、おいしいハーブオイルをご紹介します。

みんなで参加型クッキングは、ハロウィーンにちなんだカボチャや旬のリンゴを使って、お庭のハーブとコラボさせたメニューです。

◆◆◆今回の研究内容◆◆◆

  • セルフケアのためのハーブティーについて
  • 数種のハーブティーの試飲ブレンドテクニック (ドライハーブを使います)
  • オリジナルハーブティーづくり
  • ハーブオイル (フレッシュハーブを使います)
  • かぼちゃとハーブのニョッキ、紅玉リンゴとゼラニウムのジャム、バジルソースのリンゴサラダ

*ハーブティー、ハーブオイル、ジャムはお持ち帰り

日 時:1027()10:30~13:30

場 所:市川コモンビレッジ真間 

参加費:4,000

(材料費込み当日払い、3日前まで受付可能、

それ以降のキャンセルはご遠慮ください) 

定 員: 10名 (残席6) 

 

講 師:山本聡子(メディカル&ファームカルチャー代表、JAMHA認定校講師、ハーバルプラクティショナー)

 

 

 

*次回は、11/14(土)「ハーブで脚をほっそり‼リンパドレナージュ」を予定しています

お申し込み、お問い合わせはこちらから

メディカル&ファームカルチャーは、「医」と「農」を融合させ、現代医療の補完としての役割を担い、地域社会における統合医療の実現を目指すため、アレルギーをはじめとした環境由来の疾患や、生活習慣による心身の不調を感じている人々を中心に、より健康になりたいと願う人々が、畑コミュニティーを通じて、「安全な食べ物」、「自然との対話」、「人とのつながり」、「自分のからだの状態に合った治療法を選択できる知識」を得ることを目的として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です